new
ママちゃん家
冬の日本旅行記

ママちゃん家
春の日本珍道中
ハワイ情報

食生活編 生活編 言葉編 学校編 観光情報編 トピックス

ウォータースライダー画像 ◆レイについて 
ハワイのレイは大きく分けて6種類。
由来についてちょっと参考本、数種類からから抜粋してみました。
●鳥羽のレイ (Feather Lei)  ●ククイレイ(Kukui Nut Lei)
●貝殻のレイ(Shell Lei) ●ハク・レイハク・レイ(Haku Lei)
●マイリ・レイ(Maile Lei) ●蘭のレイ(Orchid Lei)

 鳥羽のレイ (Feather Lei) 
鳥羽でできたレイは高価なものとされ、古代ハワイでは上流階級の女性が着用していました。
中でも王族の象徴である黄色一色で作られた鳥羽のレイが最も貴重とされ、乱獲されたため、
現代ではハワイ原産の鳥たちの多くが絶滅の危機にさらされ、実際に種が絶えてしまったものもあります。 そこで現在は、ハワイ原産ではないキジ科の鳥や孔雀等の鳥から羽を採取しています。
 蘭の花レイ(Orchid Lei)
レイに使用される蘭で最も一般的なものがバンダ、デンドロビウム、ソニアの3種類です。
これらの蘭から基本的なシングル・レイとダブル・レイを作ることができます。
その両方が長い針を使って一本の糸に花を通していくクイ技法で作られます。
シングル・レイは、蘭の花びらをそのままの状態で花を一つ一つ中央から縦に糸を通して作られます。シングル・レイを一つ作るのにだいたい50個の蘭の花が必要になります。
ダブル・レイは一度に複数の花を重ねてボリュームのあるレイに仕上げます。
(参考:レイメーキングの本から)
ククイレイの実(Kukui Nut Lei)
ハワイの州の木であるククイノキ(kukui)はポリネシアンの入植者たちによってハワイに持ち込まれ、今ではハワイの森で最も多く見られる木になりました。
古代ハワイアンはククイノキの樹皮や花や実を治療などの数々な用途で使用していました。
ククイノキはもともとその実から採れる油が貴重とされ、石のランプやティ・リーフのたいまつに燃料として使われていました。
多くの用途を持つククイノキの実は最も高価なレイの材料にもなります。
真っ黒(または茶色)に輝くククイノキのレイはかつて、上流階級アリ・イのみ着用することができました。
このレイを作るには、ククイノキの実を丹念に研磨、表面を削り、端に穴を空けて中身を取り出し紐に通します。
研磨には、サメの肌が使われ、表面を削るのにはウニの棘(とげ)でできた、やすりが使用されました。表面はカパと呼ばれる樹皮布をククイノキの実から抽出される油に浸したもので磨かれました。ククイノキのレイが非常に高価なのは複雑で長時間にわたる作業が必要とされるからです。
ハワイアンはこれに銀緑色のククイノキの葉や茎、またククイノキの白い花なども編み込んでレイをつくります。この伝統的なレイはモロカイ島のシンボルにもなっています
 貝殻のレイ(Shell Lei)
ハワイ語では「レイ・ププ」と呼ばれる貝殻のレイは、ハワイの島々のビーチや珊瑚礁、また丘や山の上などあちこちで見つけることにできる貝殻で作られています。
古代から現在に至るまで最も高価とされているのが、波に洗われニイハウ島のビーチに打ち寄せた茶色と赤みを帯びた小さな貝殻でできたレイです。
ヴィクトリア王朝時代に光沢のあるこの貝殻でできたレイはハワイ王族の女性たちの間では真珠と同様に尊ばれていました。
カピオラニ女王やエマ女王をはじめとする高位な女性たちは長いドレスの上からニイハウ島の貝殻でできたレイを何重にも着用していました。質の高い貝殻のレイは現在でも非常に高価とされており、値段はお土産用に販売されている数ドルのものから本物では博物館展示に値するニイハウ島の貝殻レイで数百ドルするものもあります。
 ハク・レイハク(Haku Lei)
ハワイ語で「ハク」は葉や枝などの緑で基礎を作り、この上に花や実の正面を外に向けて編み込んだり、縫い入れたりする伝統的な技法を指します。
ハク・レイ作りに使われる花は、伝統的な花ではないものを取りいれられるので、レイ職人はそれぞれの創造性を活かすことができます。
ハク・レイは王冠にように頭上にのせますが、頭にするレイ
(正式にはレイ・ポオと呼ばれますが)の全てがハク・レイではありません。

 マイリ・レイ(Maile Lei)
マイリは香りの高いキョウチクトウ科の蔓植物 で、ハワイの高地の森に育ちます。
マイリはハワイアンの先祖に最も古くから親しまれているレイの原料となる植物です。
マイリ・レイは鳥羽のレイやククイノキのレイとは違ってすべての人々が着用でき、
神々への崇拝、特にラカと呼ばれるフラの女神への崇拝と結びつけられていました。
マイリ・レイの端と端を結ばないのは女神のエネルギーが入れるようにするためです。
現在では主に卒業や新しい建物の竣工式などで頻繁に用いられます。
(参考:ハワイマガジン、ハワイアン・レイ・ポケットガイド、アイランド・ライフ他)

ハワイ情報トップページへ ▲TOP

Copyright(c)2001 All rights reserved Alohamoms.com
No reproduction or republication without written permission.
素材やさんからいただいたイラスト・写真・オリジナルイラストなどが多数あります。
許可無く持っていかないでね。